03-6684-4211

未就学児ママ(・パパ)に、広告を展開するなら過去実績をもとに実施すれば無駄な失敗を回避して高い費用対効果が見込めます。

次に当てはまる方は今すぐ、ご連絡ください!

過去実績をもとに未就学児のママ・パパ向けの広告を展開したい

未就学児のママ・パパに対して、全国の幼稚園・保育園・認定こども園を      通じて、更にアプローチして売上を伸ばしていきたい

未就学児のママ・パパ向けの広告で過去失敗したことがある

未就学児ママ・パパの集客に困っている方へ150,000件の広告実績データベースから御社のニーズに最適な媒体を無料選定します。

幼稚園・保育園の広告に興味がある方はこちら

媒体社の方はこちら

未就学の幼児がいる世帯のママ・パパ向けにプロモーションを行う場合、スマホ広告だけで十分だと考えてしまう、という話をよく耳にします。

ただ、高い費用対効果を求めるクライアントは、スマホ以外の媒体にも広告出稿をしており、常に反響が良い新しい媒体の提案を欲しがっています。

ただ、やみくもにいろいろな媒体を提案・実施しても、費用対効果の高い結果を得られるかどうかはわかりません。またクライアントも「初めてみる新しい媒体だから」という理由では実施してくれないかもしれません。

しかし、過去に他社(競合他社)で反響が良かったり、継続的に出稿をしているという広告実績情報を元に広告を展開すれば、御社が実施したときにも高い確率で成果を期待できます。今回、いくつかの事例を紹介します。

幼稚園・保育園広告におけるオススメ成功事例

成功事例1 : ウォーターサーバーで40件その場で申込み!イベント出展がきっかけで後日の契約にも

未就学の子供がいるママ・パパ、とりわけはじめての子育てをする方は、積極的に情報をもとめ、消費活動が活発な方が多いです。第二子、第三子ともなれば、兄弟・姉妹の使っていた商品が家にあるし、自身の経験から「これは必要、これは不要」という選別ができますが、第一子の子供を育てるママ・パパはそうはいきません。
はじめての子育てが不安なので、正しく参考になる情報を入手するためにいろいろな場所にでかけていきます。できればリアルな場で、自分自身が実際に商品・サービスを体験してから購入するかどうかを決めたい、というママも少なくありません。

そのような中で注目を浴びているのが、未就学児とママを対象としたイベントへの出展です。イベントでは、多数の企業がブース出展し、独自の施策でブースへの呼び込みを行います。例えば、無料相談会や手遊び講習会など、ブースを訪れるママと子供に楽しんでもらい、興味を持ってもらえるような内容かつ、その企業の商品・サービスもさりげなく紹介できるような取り組みを行っています。

今回紹介させていただくのは、あるウォーターサーバーの会社の成功事例で、イベントに出展し、試飲1000件、新規申込40件を獲得した成功事例です。
ドームをまるまる貸し切った大規模イベント会場で開催され、いろいろなブースを回っているため、ママと子供は疲れてしまいます。そんな中で、テーブル・椅子が準備され「美味しい水」が試飲できるコーナーとあって、ブース来客数もかなりの数獲得することができました。
子供の目に止まるカラフルな飾り付けもあり、ゆっくりできるスペースがあるため、水を試飲しながら休憩するママが多く、また「試飲させてもらうだけだと悪いから」と係員の説明にも耳を傾けます。そうする中で、商品自体のメリットに納得する方も多く、さらに「子供にとって良いこと」だと強く感じ、自分自身でも水を飲んでみて、また実際にサーバーの大きさや使い方なども体験できるので、安心して契約をすることができる、という方が多かったようです。

冒頭でも述べたとおり、特に第一子の子供を育てている方で、こういった育児系のイベントに参加するママ・パパは子育てに対して関心も高く、使う金額の額面も高い傾向にあります。一見イベントへの出展となるとコスト面がかなり高いのでは、二の足を踏まれる方も多いのですが、実際その場で成約に結びつかない場合でもリスト獲得につながり後日契約というパターンや、SNS等でイベントの様子を拡散され話題になるケースなど後日の反響につながるケースも多いのです。今回の成功事例のように、体験することが後押しにつながるケースも多いので他媒体の反響で伸び悩んでいる場合は、イベントに出展するのも手だと思います。

■未就学児がいるママにアプローチできるイベント成功事例:

【広告主】ウォーターサーバー(ボトルウォーターの製造・宅配事業)

【活用メディア】
ドームで開催されるママイベントのブース出展・協賛企画。
情報に敏感で、消費行動に前向きな未就学児のいるママにアプローチ可能です。

【レスポンス・反響】
試飲1000件、新規申込40件を獲得。
さらに後日「このイベントでしった」という方からのお申込みも多数。

成功事例2 : 読者ママモデルを活用して習い事の生徒募集で大成功。!キャンセル待ちになる体操教室も

新しい習い事をさせようと考えた時、どのような情報源を参考にするでしょうか?
最も身近で手軽に調べられるのはスマートフォンですが、信頼できる記事なのかどうか?が判断できなかったり、自分が住んでいる地域の記事がないこともあります。
都心部であれば人口も多いのでいろいろな口コミがある可能性もありますが、本当に「子供を保つママ」が投稿したという保証はなく判断に迷ってしまいます。そのため、どういった情報源に頼るか?というとママ友の口コミや、信頼できそうな、その他の情報源ということになります。
では、信頼できそうな情報源とは何でしょうか。一例として、今回紹介する「幼稚園・保育園で配布されるフリーペーパー・フリーマガジン」といった情報誌を活用した成功事例を紹介させて頂きます。

「幼稚園・保育園で配布されるフリーペーパー・フリーマガジン」の媒体の強みは、なんといっても普段子供を預けている幼稚園・保育園の先生から手渡しでもらえるという安心感です。「幼稚園や保育園で、怪しいものは配らないはず」と安心してもらうことが出来ます。
さらに、信頼を高める工夫として、読者モデルを活用した記事体広告を多用していることがあります。同じくらいの年齢がいるママとその子供が登場する体験型の記事が特に反響がよく、「同じ視点をもっている、同じ悩みを抱えている境遇のママ」が登場することで追体験させることが高い反響につながっています。
今回紹介させて頂く事例はスポーツクラブ、体操教室の集客における成功事例です。
特に運動系の習い事は小さい頃から始める子供も多く、どんな習い事をさせようか?と情報収集するママも多いようです。そんな中で、読者モデルのママと子供が実際に習い事を体験する記事体広告が効果的なのです。
「実際にどのような経験ができるのか?クラブの様子は?実際に体験教室をやってみた感想は?」とママの言葉で話してもらいます。その言葉を読んだママは、記事の内容を通して追体験し「これならウチの子供も大丈夫かも」と安心して申し込むことができるのです。
例えば、広島県のスポーツクラブでは体験入会に25名超が応募、10名以上が本入会、京都府の体操教室では、生徒数が一気に定員に達し、キャンセル待ちの状態になってしまったそうです。

■未就学児がいるママにアプローチできるフリーペーパー成功事例(1)

【広告主】スポーツクラブ

【活用メディア】
年5回10万部発行!幼稚園・保育園から配布され0歳~就学前のお子様を持つ子育てママにリーチできます!

【レスポンス・反響】
体験入会に25名超が応募、10名以上が本入会。

■未就学児がいるママにアプローチできるフリーペーパー成功事例(2)

【広告主】体操教室

【活用メディア】
年4回、10,000部発行。市内全ての保育園・幼稚園で配布する他、乳幼児健診に来た保護者に手渡しするなど、子育て世代に確実にアプローチ可能です。

【レスポンス・反響】
生徒数が一気に定員に達し、キャンセル待ちの状態に。

幼稚園・保育園広告.com

03-6684-4211

ここで紹介した成功事例はほんの一部です。幼稚園・保育園広告でお困りの方はこちらのフォームからご連絡ください

媒体社の方はこちら

無料で資料請求する